妊活に使う漢方薬その2~桂枝茯苓丸

2015-12-10

当帰芍薬散とともに妊活中の女性によく使われる漢方薬、桂枝茯苓丸をご紹介します。

 

瘀血を取り除く漢方薬

桂枝茯苓丸も、女性によく処方されている漢方薬です。

 

漢方の考え方に瘀血(おけつ)というのがあって桂枝茯苓丸は瘀血を取り除く作用のある漢方薬です。瘀血とは、老廃物が溜まった古い血のことで、血液が淀んで代謝が悪くなった状態を瘀血がたまると言ったりします。

 

特に女性は、子宮や卵巣が瘀血の影響を受けやすく、瘀血がたまると月経不順、排卵障害、不妊などの原因になりますが、逆に、月経不順で古い血をうまく排出できず、瘀血をためてしまっていることもあります。

 

瘀血のある人は生理の血が黒っぽく、塊が出ることが多くなります。また、月経前症候群(PMS)も起こしやすいといわれています。桂枝茯苓丸は漢方薬の中でも駆瘀血剤として有名なもので、体の中の瘀血を排出させ、血行を良くして瘀血をとる力を高める処方になっています。

 

その作用のため、産婦人科領域以外でも

・整形外科では打撲や腰痛、筋肉痛

・.循環器科では高血圧や低血圧、静脈瘤

・皮膚科では蕁麻疹やウオノメ、イボ、主婦湿疹

・泌尿器科では前立腺炎や尿路結石の排出後の血尿

など、様々な疾患に使われています。

 

桂枝茯苓丸が合う人、合わない人

桂枝茯苓丸が合う体質の方は、

・中肉中背でがっちりタイプ

・体力があり元気がよい

・血色がよく、赤ら顔

・頭痛やのぼせがある

・腹部はやや脂肪がつき、かたい感じ

・生理痛が重い

・左右どちらか、または両下腹部に瘀血による圧痛点がある。

などの特徴があります。

 

また、不妊治療による長期のホルモン療法を受けていた方なども瘀血がたまった状態であることが多く、桂枝茯苓丸が効きやすいと思われます。

 

桂枝茯苓丸が合うタイプの方は、元気で食欲もある方が多いですが、油ものや甘いもの、味の濃いものは瘀血をつくりやすいので、食事は極力薄味にするようにしましょう。

 

逆に桂枝茯苓丸が合わない人は

・生理の血が多い

・胃が弱い

・虚弱で疲れやすい

・貧血ぎみ

・お腹は柔らかく、ポチャポチャしている

といった特徴のある人です。

 

桂枝茯苓丸はどちらかというと、体力のある人向けです。体質に合わない人が使ってしまうと、下痢や吐き気が起こったり、不正出血を起こしてしまったり、といったことが考えられます。体質に合うか、飲んでも大丈夫か不安な場合は、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。