<妊活の基礎>不妊体質を改善する効果的な食事とは?

2015-12-15

毎日の食事は、健康な体をつくる重要な要素です。一日三食、栄養バランスを考えた食事することはもちろんですが、妊活をしている女性には積極的にとっていただきたい食べものがあります。今回は、不妊体質を改善し、妊活をサポートする食べものについてご紹介します。

 

卵子の質を向上させる食べもの

女性の妊娠率、出産率は年齢とともに低下します。

 

人間の体は年齢を重ねるごとに老化しますが、卵子も例外ではありません。卵子の老化が進むと、妊娠しづらくなる、または不妊になる可能性があります。まずは体の老化を防止し、卵子の質を向上させましょう。

 

老化防止に効果がある食品は、抗酸化作用があるものです。代表的な栄養素には、ビタミンEがあります。ビタミンEを豊富に含む食品は、アーモンド、ナッツ、ホウレンソウ、ウナギ、玄米などがあります。

 

これらの食品は、女性だけでなく男性の老化防止にも効果があり、男性の場合、精子の質を向上させる効果があります。ですので、女性だけでなく男性も積極的に取り入れるようにしましょう。

 

血行促進に効果があるたべもの

血液には、体全体に栄養を運ぶ重要な役割があります。

 

血行が悪いと、卵巣や子宮に必要な栄養が行きわたらず、月経不順や、排卵障害などの症状を起こす可能性があります。その結果、妊娠に必要なホルモンが正常に分泌されず、妊娠しにくい体内環境をつくってしまうのです。

 

とくに冷え性の方は、血液の循環をよくする栄養素を摂取するとよいでしょう。血行促進に効果がある食品には、玉ねぎ、納豆、マグロ、イワシ、黒酢などがあります。

 

また、これらの食品と一緒に食物繊維が含まれた食品を摂取すると、相乗効果が期待されます。食物繊維が豊富な食品には、きのこ類、海藻類などがあります。きのこ類、海藻類には、血行促進の効果もあるため、意識してとるようにしましょう。

 

上記で紹介した食品は、妊活に効果があるのはもちろんですが、健康な体づくりには欠かせないものばかりです。健康でなければ、妊娠しやすい体内環境をつくることはできません。普段、外食やレトルト食品、塩分が多く含まれるものばかり食べている方は、まずは食生活を見直しましょう。

 

また、各栄養素はバランスよく摂取しましょう。妊娠を強く望むあまり、過剰摂取することがないように、十分に気を付けてください。普段の食生活で十分に摂ることができない場合は、サプリメントで補給するとよいでしょう。薬や病院での治療だけでなく、普段の生活の中で改善できるものは、ぜひトライしてみましょう。