Archive for the ‘ライターyon’ Category

なかなか妊娠しない原因、それは精子と卵子の相性に問題があるのかも?

2016-02-05

精子と卵子の受精のしくみと不妊治療

長い間子宝に恵まれず離婚に至ったカップルが、お互い別の相手と再婚した途端に妊娠そして出産した、という話を聞いたことがありませんか。また、何年も彼氏が途切れず、毎回避妊せずにセックスしているのに全く妊娠したことがない、という女友達が、彼氏が変わって突然妊娠、あっという間におめでた婚、という話も私の周りでありました。

 

上記の話とは逆に、夫婦どちらにも不妊の原因となる異常がないのに妊娠しないケースが不妊全体の3分の1ほどあるそうです。

 

なぜこんなことが起こるのかの理由のひとつは、ある女性の頸管粘液の成分が特定の男性の精子を殺してしまうことです。男女の体質の相性が悪いという訳ですね。この場合は人工受精によって、精子を直接子宮に送り込んであげることで妊娠する可能性があります。

 

そしてもう一つ、男女の相性と同じく、精子と卵子という小さな細胞同士の相性が合わないことが理由として挙げられます。

 

精子は射精された瞬間から卵子に向かって泳ぎ始め、1番最初に卵子に到達したたったひとつの精子が卵子の中に入ると受精が成立します。

 

人の卵子は透明帯というタンパク質でできた殻で守られていて、精子は頭部の先にあるアクロソームという部位から酵素を出してこの殻を溶かし、卵子に侵入するのです。そして、精子の侵入が成功すると卵子の透明帯はタンパク質が変性して性質が変わり、受精膜と呼ばれる強固なバリアとなって、他の精子の侵入をブロックします。

 

この、精子が卵子にアプローチする際にアクロソームから出す酵素が卵子の透明帯に効かず、精子が卵子内に入れないケースがあるようです。

 

アクロソームに含まれる酵素には様々な種類があり、ある男性の精子が出す酵素では透明帯が溶けずに受精が成功しないということがあり、まさに精子と卵子の相性の良し悪しと言えるでしょう。

 

この場合は、あらかじめ卵子の透明帯を薬品処理して除去してから精子に触れさせて体外受精するか、針を使って精子を直接卵子に送りこむ顕微受精で解決する場合があります。

 

さらには遺伝子の相性が悪い場合も

その他に、受精した後着床まで進まないケースでは複雑な免疫機構での拒絶反応などが原因として挙げられますが、この場合はもう遺伝子レベルで相性が悪いと言わざるを得ません。よく言われるように種の保存の原則で、自分と似た遺伝子を拒絶しているのでしょうか。

 

人に限らず生物は生存の確率を上げるため、生殖の際に無意識のうちに自分と類似の少ない遺伝子を持つ異性をパートナーに選び、近しい遺伝子を持つ異性をパートナーから除外する傾向があるそうです。自分と異なる性質、特徴を新たに獲得して子孫に残すことで、生存競争に勝ち抜こうとしているのです。

 

余談ですが、思春期の娘さんがお父さんを臭いと思ってしまうのも、遺伝子的に最も近い異性であるお父さんを娘がパートナーに選んでしまわないためといわれます。

 

このような不妊の原因は体外受精、顕微受精など高度な不妊治療にステップアップした際に初めてわかることがほとんどです。タイミング法や人工受精の段階ではわかりません。

 

そのため、人工受精までしてもなかなか成功しない場合は、貴重な時間をロスしないためにも、早めにその先の体外受精、顕微受精といった高度医療に進むことをおすすめします。

 

 

妊娠はうつるって本当?

2016-02-02

ネットの中では妊娠菌なんて言葉があるように、昔から妊娠はうつると言われてきました。果たして本当に妊娠は人にうつるのでしょうか。

 

同じ職場の女性が次々妊娠

妊活が実って私が初めての子供を妊娠した時、職場では空前の妊娠ブームでした。

 

なんと1年半の間に職場の先輩、後輩、同僚7人が次々に妊娠、出産していったのです。職場のメンバーだけで7人ですが、上司の奥様や少し前に退職したパートさんもご懐妊されたので、周辺の人物まで含めると10人くらいが同時期に妊娠したことになります。ちなみに私はそのブームの5人目でした。

 

 上司は妊娠報告を受けるたび、ここにはずいぶんでっかいコウノトリが巣を作ってるみたいだなあ、なんて苦笑いしていましたが、実際こうも妊娠が続くと産休、育休のスケジュール調整が大変なようで、男性陣には仕事のしわ寄せがいって申し訳なかったですね。

 

そしてその後、育児休暇後に同じ会社の別の職場に異動したのですが、そこでも1年間に4人の女性が次々に妊娠、私も3番目に2人目の子を授かりました。

 

妊娠に関するジンクスはいろいろありますが、妊娠がうつるという話はよく聞きますし、上記の話のように私自身体験しました。

 

なぜこんなことが起こるのか・・・とても気になったので調べてみました。はっきりした科学的根拠はないようですが、どうも女性の「共感する」という性質が関わっているようです。

 

近くにいる女性同士は女性ホルモンの周期が重なる

会社や学校で仲の良い友達が生理になると、続けて自分も生理がきたりすること、ありませんか?また母娘や姉妹で生理周期が重なっていることもよくあるようです。

 

女性は真似をするのが得意といわれますが、近くにいる人やよく接する仲の良い人同士は、女性ホルモンの周期が似てくるのだそうです。

 

同じ家や同じ職場だと、環境やストレスのかかり方が同じになるため、女性ホルモンの周期も同じになりやすいことも原因ですが、女性は相手に共感することに長けているので、素直にいいな、素敵だな、と思える間柄の相手、気の合う心地よい間柄の相手に対して無意識に同調し、ホルモンの周期までお互いに真似し合うからではないか、ともいわれています。

 

妊婦の友達を避けるなんてもったいない!

妊活中や不妊治療中だと、羨ましさや嫉妬や引け目から友達の妊娠報告を素直に喜べなかったり、妊娠中の友達とは会いたくないなと思う人も多いと思います。私もそうでした。

 

ですがそこをあえて、妊娠中のお友達と一緒に過ごす時間を持ってみてください。大好きな友達、憧れる部分がたくさんある友達だとなお良いですね。

 

そして、楽しい話をたくさんして、そうだよねーと共に笑い合ってみましょう。きっと心だけでなく、体も共鳴しあって妊娠しやすい体に近づくことでしょう。たくさん笑って楽しい時間を過ごすことでストレス解消にもなりますしね。

 

妊娠がうつるというと非科学的に聞こえますが、いろいろと不思議の詰まった女性の体、生理や妊娠がうつってもおかしくありません。そんなおおらかな気持ちで妊活を楽しんでみませんか。

 

 

不妊が原因で離婚はあり?

2016-01-30

お互い原因不明の不妊の場合、子供が欲しいから、を理由に別れを選ぶ場合もあるのでしょうか。

 

子供を諦めきれない人の選択肢

この人の子供だから欲しい、という気持ちで不妊治療を頑張っている、という方が大多数かとは思いますが、私の友人には相手は誰でもいい、夫はいらないからとにかく子供が欲しい、という女性もいます。

 

この友人夫婦はお互いにこれといった不妊の原因はなく、不妊治療の過程でだんだん夫婦の溝が深まっていったそうで、彼女は『旦那じゃない、他の人とならもしかして、と思うよ。正直離婚も考えてる』といいます。

 

このような場合、究極の選択になりますがパートナーを変えるのも個人的にはアリだと、私は思っています。

 

安易に離婚を勧める訳ではありませんが、本当に切実に子供が欲しい方の選択肢がひとつでも増えれば、と願っています。

 

よく、仲の良すぎる夫婦は子供が出来にくいなどと言われますが、男女の遺伝子が似ている場合子を成しにくいという説もあります。似た者同士の仲良し夫婦の場合は、二人で年を重ねて暮らしていくのも、悪くないかもしれません。

 

子供の頃、近所に子供のいない優しい年配のご夫婦が住んでいて、地域の子供たちと遊んでくれたり、勉強を見てくれたりして見守っていてくれていました。いつも仲睦まじくとても素敵なご夫婦でした。

 

逆に、不妊治療を続ける過程で不仲になっしまった友人夫婦のようなカップルは、ささくれ立った気持ちで日々過ごすより、お互い別のパートナーを探した方が合理的だし幸せになれると思うのです。

 

ちなみに私の夫は私とは再婚なのですが、子供ができなかったことも前の結婚が破綻した原因のひとつなんだそうです。もちろんそれだけが原因ではないのですが、子供が出来ていればきっと離婚にはならなかったでしょう。

 

けれども今では夫は私との間に3人の子供がいますし、夫の前の奥様も再婚して子供が生まれ、幸せな家庭を築かれておられるようです。

 

決断は早い方がいい

離婚して再婚なんて、なかなかそう簡単にはいかないのは承知していますし、婚姻継続の期間が長くなるほどいろいろなしがらみができてしまうものですが、一生に一度のことなのですから、今のパートナーとこのまま暮らし続けることと、今のパートナーを失っても子供を持つこと、を天秤に掛けてみてもいいと思います。

 

もちろん不妊の原因が他にもあるかもしれないし、新しい相手との間に必ず子供が出来るという保証はありませんが、それでもこのままでいいのか迷っているうちに年月が経って年齢を重ねてしまい、タイムリミットを迎えるとなると後悔してもしきれません。

 

不妊治療に行き詰まっている方は、相手にはこだわらず自分の子供が欲しいのか、今の相手の子供だから欲しいのか、一度立ち止まってじっくり考えてみるのもいいのではないでしょうか。もしかしたら、今は想像もできないような素晴らしい未来が待っているかもしれません。

 

 

その男性不妊、治療すれば治るかも

2016-01-08

不妊の原因は男女半々。男性に原因がある場合はぜひ泌尿器科ドクターに診てもらってください。

 

意外と多い男性不妊の原因、精索静脈瘤

妊活中に知り合った人にご主人が男性不妊だったという奥様がいて、その方は始め奥様の通っている産婦人科でご主人用の漢方薬などをもらっていたそうなんですが、人から勧められて泌尿器科にかかったところ精索静脈瘤が見つかり、治療の末にお子さんを授かったそうです。

 

不妊のカップルの半数は男性不妊と言われますが、不妊治療中の方でも夫は妻の婦人科での精液検査しか受けていない、という場合が結構あると聞きます。これは実にもったいないことです。

 

なぜなら男性不妊の原因の8〜9割を占めるのが乏精子症(精液中の精子が正常な人より少ない状態)と精子運動率の低下ですが、その原因の3〜4割が精索静脈瘤だといわれており、手術によって改善する可能性が高いからです。

 

精索静脈瘤とは、精巣やその上の精索部にできた静脈瘤(静脈の壁の一部が膨らんだ状態)をいいます。

 

精巣は、体の外についていることからもわかるように、体温より2℃ほど低い温度でよく機能しますが、精巣の周りに静脈瘤ができることで精巣の温度が上昇したり、血行が悪くなったりします。それが、乏精子症や精子の運動率低下、精子のDNA損傷につながるのです。

 

また、精索静脈瘤は男性ホルモンをつくる細胞の機能をも低下させるため、男性ホルモンの低下も引き起こします。しかもこの精索静脈瘤による精巣機能の低下は放っておくとどんどん進行していきます。

 

最近よく言われる精子の老化は、精索静脈瘤が大きな原因といえるでしょう。ちなみに二人目不妊の原因の8割くらいは精索静脈瘤が原因になっているのだとか。

 

もし精索静脈瘤が見つかったなら、思い切って手術しておけば、二人目の妊活でも苦労が少ないのではないでしょうか。精索静脈瘤の手術は比較的簡単で、日帰りでできるそうですよ。

 

夫に泌尿器科を受診してもらうには

とはいえ、なかなか男性不妊の検査に行きたがらない旦那様にお困りの奥様も多いことと思います。泌尿器科に行くメリットを伝えることで、旦那様に泌尿器科受診を納得してもらいましょう。

 

メリット①

産婦人科に行くより敷居が低い。

もちろん泌尿器科にも女性の患者さんや女医さんもいますが、産婦人科に比べて少ないです。

 

メリット②

泌尿器科ドクターは男性の泌尿器、生殖器の専門家。

男性の体に関しては産婦人科ドクターより詳しいはずです。

 

メリット③

男性不妊専門クリニックの場合、男性にストレスなく不妊治療を続けられる工夫がされている。例えば採精室完備で男性向け雑誌やDVDが充実しており、産婦人科でよくあるトイレで採精して虚しさを感じる、なんて経験もしなくてすみます。

 

いかがでしたか。男性不妊の原因がわかって体外受精や顕微授精をすることになった場合はやはり産婦人科に行くことにはなりますが、一度泌尿器科ドクターに診てもらうと婦人科ドクターとはまた違った意見が聞けるので、参考になると思いますよ。

 

妊活と男性心理

2016-01-03

排卵日なのに、なんだか旦那様が乗り気じゃない。月に1度のチャンスなのに困ってしまいますね。男ゴコロを理解して、上手に旦那様をその気にさせましょう。

 

男性はセックス=子作りではない人がほとんど

私の高校時代の友人が不妊治療をしているのですが、先日久しぶりに会って話すと、こんなことを言っていました。

 

『ずっとタイミング法だったけど、ついにAIH(人工授精)に進んだの。そしたらなんかプレッシャーから解放されてホッとしちゃった。もう排卵日合わせて2日おきにしなくていいんだもんね。旦那も楽になったって喜んでた!』

 

この友人は排卵日をカレンダーに赤丸をつけて、その日が近づいてくると山芋やレバーなど精のつく食事を作って旦那様の帰りを待っていたそうですが、意に反して旦那様の方はだんだん元気がなくなり、しばしばセックスが最後までできなくなってしまったのだそうです。

 

でもこの友人の気持ち、すごくよくわかります。うちはAIHこそしていませんが、私も夫も妊活中、義務的な夫婦生活がとても苦痛になった時期がありましたから。

 

だいたいの男性は、子作りのためだけのセックスを嫌います。

 

ですから排卵日に女性の側があまりにもやる気をみせすぎたり、あからさまに今日は排卵日だからよろしく!などと言ってしまうと、俺は種馬か?!と、とたんに興ざめして妻とのセックスにげんなりしてしまうのだそうです。昨今ではタイミングEDなる言葉もあるくらいです。

 

男性は意外にもデリケートでロマンチスト。妻にはいつまでも女でいてほしいし、自分を男として求めてほしいのだそうです。

 

夫婦生活は日常生活の延長

では、旦那様に嫌な気持ちを持たせずに、排卵日に夫婦生活をするにはどうすればよいのでしょう。

 

そのヒントは日常生活の中でのささいなテクニックあります。

 

まず、演技でもいいので、旦那様の前ではなるべく機嫌よく、旦那様が帰宅したら素敵な笑顔で迎えてあげましょう。人間関係には好意返報の法則というのがあり、好意を向けてくれる相手には好意を返したくなるのだそうです。まずは自分が旦那様に笑顔を向ければ、旦那様も笑顔を返してくれて、良好なコミュニケーションが保てるはずです。

 

次には、旦那様にちょこちょこ何か頼みごとをしてください。高い所の物を取るとか、家電のセッティングをしてもらうとか、些細なことでいいんです。人間は何かをしてもらった相手よりも、自分が何かをしてあげた相手の方に好意を持ちやすいのだそうです。

 

何より、男性は頼られたり、教えてあげたりが好きな人が多いですよね。そして、旦那様がお願いを聞いてくれたら笑顔でありがとう、助かったわ、と言ってくださいね。ちなみにこんなことを意識的にやっていると、うちの夫はかなり私に優しくなりましたよ。

 

こういった日常生活でのコミュニケーションの積み重ねによって、夫婦お互いに優しい気持ちを持つことができるようになり、その延長で自然な夫婦生活を送れるようになるかと思います。

 

妊活とは関係ないのですが、会社の男性の同僚が、ある時こうボヤいていました。

 

『俺にとって女って、こいつのために頑張ろう!って思える存在なの。そう思って結婚したんだけど、結婚したらカミさん、別人になっちゃったんだよなあ・・』

 

旦那様にこんなことを言わせないためにも、旦那様の前ではいつまでも女でいてあげてください。それがタイミングEDを防ぎ、妊活を成功させる近道だと思います。

 

妊活するなら絶対禁煙を!

2015-12-29

最近では女性の喫煙者も珍しくなくなりましたが、タバコは女性にとってはやはり百害あって一利なし、です。

 

なぜタバコはよくないのか

タバコには、ニコチンやタールの他にアセトン、ブタン、ヒ素、カドミウム、一酸化炭素、トルエンなど4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうち発ガン性が確認されているものが60種類、その他体に有害な物質がたくさん含まれています。

 

タールや一酸化炭素は血管を収縮させ、赤血球の酸素の運搬を妨害して体中の組織を酸欠状態にします。また血流が悪くなり、子宮や卵巣に十分な栄養が行き渡らなくなります。さらにタバコの有害物質は、卵細胞を死滅させ、閉経が早まります。卵子の質も低下させるので、受精しても着床しにくかったり、着床後も流産しやすくなります。

 

このように、妊娠を望む女性にとって喫煙は、自ら不妊を招いているのと同じです。すぐにやめるべきです。禁煙してもすぐに体に溜まった有害物質が排出されるわけではないので、遅くとも妊娠する数ヶ月前にはタバコは完全にやめましょう。

 

禁煙は妊娠する前に

もし、喫煙しながら妊娠したとしたら、当然赤ちゃんや妊娠中の母体にも影響が出ます。

 

・奇形

・流産、早産

・前置胎盤、胎盤早期剥離、前期破水       など妊娠中のトラブルの増加

・各器官の成長不全

・栄養不足による低体重

・乳幼児突然死症候群のリスク上昇

 

などです。さらには、生まれてきた子が喘息やアトピーになりやすかったり、低体重で生まれた子供が将来糖尿病や高血圧といった生活習慣病になりやすいといった研究報告もあります。

 

最後にひとつ、怖い話をします。私が大学在学中に授業で聞いた話です。

 

出産は最高のデトックスといわれるのを聞いたことがあるでしょうか。これは本当で、赤ちゃんは体の中にお母さんの体の中の様々な毒素を溜め込んで出てくる性質があります。例えは悪いのですが、まるで掃除機の中のゴミパックのようです。

 

なぜそんなことが起こるかというと、それは自然界の仕組みで、赤ちゃんが次の世代を出産できる十数年後まで待つよりも、今繁殖できる母親の方に健康になってもらって、早く次の赤ちゃんを産ませた方が種の保存のために効率がいいからなのだそうです。

 

自然界の法則は時に残酷なもので、そのためには、最初の赤ちゃんが犠牲になっても仕方がない、というわけです。

 

1950年代に、有名な公害病、水俣病が起こりました。工場廃液に含まれるメチル水銀による中毒性中枢神経疾患で、手足の感覚障害、運動障害、視覚、聴覚障害など様々な症状で苦しむ病気です。学校の授業でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

実はその時妊娠していた水俣病患者は、出産すると皆、症状が軽くなったのだそうです。その代わり、生まれた赤ちゃんは重い胎児性水俣病になってしまっていました。そしてこの事例を見た医師達の間で、女性の水俣病患者を妊娠させ、胎児に有機水銀を吸収させて排出させたらどうか、という治療案が出されたそうです。さすがにそれは非人道的だということで、実現はしなかったようですが・・・

 

この話から、妊娠前からなるべく体をクリーンに保つことの大切さがおわかりいただけたでしょうか。喫煙者の皆さん、体内にこれ以上毒素を溜めないように、妊娠する前にタバコはやめましょうね。

 

妊活の大敵、ストレス

2015-12-14

ストレスは不妊の原因とよくいわれますが、大人ならストレスのない生活は難しいものです。ストレスと上手つきあっていきましょう。

 

なぜ、ストレスが不妊の原因になるのか

私たちの脳の中の視床下部という部分は、ストレスがかかると脳下垂体を通して、副腎にコルチゾールなどの副腎皮質ホルモンを分泌するよう指令を出します。コルチゾールは肝臓でブドウ糖を産生させ、血糖値を上げて体を戦闘モードにします。

 

実は、この視床下部から脳下垂体を通る指令系統というのは、卵胞を育てて成熟させる卵胞ホルモンや、排卵を促す黄体形成ホルモンを分泌させるルートと同じなのです。

 

ストレスが続くことによって緊急事態と判断した体は、副腎皮質ホルモンを優先して分泌させ戦闘モードを保つために、生殖に必要なホルモンを分泌させる指令は後回しにしてしまいます。生存の危機が迫っているときに、生殖活動どころではない!というわけです。簡単にいうとこれが、ストレスが不妊を招くメカニズムです。

 

その他にも、副腎皮質ホルモンが、性欲を減退させることや、ストレスによる緊張状態が続いて血管が収縮し、血の巡りが悪くなって卵巣や子宮に栄養分が行き渡らなくなることも妊娠しづらくなる原因と考えられます。

 

ストレスをうまく解消するには

ストレス解消の方法はネットで検索するといろいろと出てくるかと思います。どれもなるほど、と思えることばかりです。

 

ですからここでは、私が個人的に妊活中にストレスに感じたことと、それをどのように解決したのかを書いてみたいと思います。

 

その① なるべく外に出る

一人で家にいると、無駄に考える時間ばかりあるものですから常に妊娠のことについて考えてしまいます。私は、妊活のことを考えることがすでにストレスになってしまっている時期がありました。そんな時はパートに出るとか、スポーツジムに通うとか外出する機会をむりやりにでも増やして、妊活に縛られる時間を減らしました。

 

外に出て太陽の光を浴びて体を動かすことは、健康にも良いです。また、新しい友達が増えて日中話す相手ができたので、それだけでストレス解消になりました。仕事から帰ってきた夫をたまった愚痴でうんざりさせることもなくなりましたよ。

 

その② 黒い感情に蓋をせず、吐き出す

自分より後から結婚した友達のご懐妊のニュース、へこみますよね。なんであの子が・・私の方が先のはずだったのに!なんて私も思いました。

 

それから、なかなか子供ができないことについての、夫の親族特にお姑さんからのチクッとくる一言。イラッときますよね。そんなちょっと認めたくないような感情も、蓋をせず解放してあげましょう。そう思ったっていいと思いますよ。誰にだってある感情です。

 

私は人に言えないような黒い感情が湧いたときには、その感情を言葉にして広告の裏に思いっきり書き殴り、その後はコンロの火で燃やしてしまっていました。これは、漢方内科もやっているクリニックにかかった時にそこの先生から教えていただいた方法です。これが、本当にすっきりするんです。騙されたと思って試してみてください。

 

自分なりのストレスと上手くつきあう方法を見つけて、なるべく穏やかな気持ちで妊活できるといいですね。

 

妊活の大敵、冷え性

2015-12-10

冷えは万病の元といわれますが、妊娠を望む女性が体を冷やすのは特によくありません。

 

冷え体質は不妊の原因になることも

冷えに悩む女性の方は多いと思います。辛いですよね。私も妊活をきっかけに生活改善や漢方薬服用を始める前はかなりの冷え性で、夏でも手足はいつも冷たく、冬場になると冷えすぎて痺れてくるほどでした。

 

冷え性は体の血行が悪くなることで起こります。人間の血管は自律神経によって収縮と拡張のバランスをとっているのですが、この自律神経がストレスやホルモンバランスの変化などで乱れてくると、血管が収縮して細くなり、血液が流れにくくなるのです。

 

血液には全身を巡って酸素や栄養分を運ぶ役割と、発生した二酸化炭素や老廃物を回収して排出する器官まで運ぶ役割とがあって、血液の流れが悪くなると、新鮮な血液が組織に届かなくなり、老廃物が溜まりっぱなしの状態になってしまいます。

 

代謝の悪くなった体では、機能が低下し、むくみやすくなり、その結果さらに冷えが進むという悪循環に。

 

冷えが慢性化してくると、免疫力低下や肩こり、腰痛、膀胱炎、胃痛や下痢など様々な体の不調を引き起こします。子宮や卵巣にも栄養分が行き渡らなくなり、十分に機能できなくなってきます。

 

先ほどホルモンバランスの変化により自律神経が乱れると書きましたが、逆もまた然りで、自律神経がおかしくなるとホルモン分泌にも影響が出ます。自律神経の調整と、ホルモンの分泌は同じ脳の視床下部という部位が統制していて、お互いに連動しているからです。

 

なので、冷えが進んで自立神経がさらにおかしくなると、ホルモンバランスももっと乱れて、卵胞の成長や排卵に悪影響が出てきます。

 

また、脳の視床下部からは卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンが出ていますが、冷えて血流が悪くなるとこれらのホルモンがしっかり卵巣まで届かなくなってしまい、卵巣がうまく働けません。

 

これらの要因が合わさって、冷え体質は不妊を招きます。

 

冷えを改善するには運動がいちばん

これは個人的見解ですが、血行不良で冷えているなら、血行を良くするために体を動かすのがいちばん効率がいいのではないかと思います。

 

もちろん、厚着をするとかカイロを貼るとか、体を温めてその熱が逃げないようにするのも良いのですが、いくら温かくしてもじーっとしているだけでは、血の巡りは良くならないですよね。ウォーキングなどで毎日適度に体を動かす習慣をつけましょう。

 

また、ダンベル運動や腹筋、腕立てなどの無酸素運動は筋肉をつけると、筋肉は熱を産生してくれるので、温まりやすい体になりますよ。

 

ちなみに足先が冷たくなりやすい人は、運動する時に5本指ソックスを履いてみてください。足が指先までよく動くので、血行が良くなりますし、しっかり5本の指で踏ん張るので、足裏のアーチの形も良くなるそうです。

 

 

いかがでしたか。体を動かすことはストレスの解消にもつながり、ストレスが原因の冷えにも効果的です。

冷えない体を作って、元気に妊活をのりきりましょう。

妊活に使う漢方薬その2~桂枝茯苓丸

2015-12-10

当帰芍薬散とともに妊活中の女性によく使われる漢方薬、桂枝茯苓丸をご紹介します。

 

瘀血を取り除く漢方薬

桂枝茯苓丸も、女性によく処方されている漢方薬です。

 

漢方の考え方に瘀血(おけつ)というのがあって桂枝茯苓丸は瘀血を取り除く作用のある漢方薬です。瘀血とは、老廃物が溜まった古い血のことで、血液が淀んで代謝が悪くなった状態を瘀血がたまると言ったりします。

 

特に女性は、子宮や卵巣が瘀血の影響を受けやすく、瘀血がたまると月経不順、排卵障害、不妊などの原因になりますが、逆に、月経不順で古い血をうまく排出できず、瘀血をためてしまっていることもあります。

 

瘀血のある人は生理の血が黒っぽく、塊が出ることが多くなります。また、月経前症候群(PMS)も起こしやすいといわれています。桂枝茯苓丸は漢方薬の中でも駆瘀血剤として有名なもので、体の中の瘀血を排出させ、血行を良くして瘀血をとる力を高める処方になっています。

 

その作用のため、産婦人科領域以外でも

・整形外科では打撲や腰痛、筋肉痛

・.循環器科では高血圧や低血圧、静脈瘤

・皮膚科では蕁麻疹やウオノメ、イボ、主婦湿疹

・泌尿器科では前立腺炎や尿路結石の排出後の血尿

など、様々な疾患に使われています。

 

桂枝茯苓丸が合う人、合わない人

桂枝茯苓丸が合う体質の方は、

・中肉中背でがっちりタイプ

・体力があり元気がよい

・血色がよく、赤ら顔

・頭痛やのぼせがある

・腹部はやや脂肪がつき、かたい感じ

・生理痛が重い

・左右どちらか、または両下腹部に瘀血による圧痛点がある。

などの特徴があります。

 

また、不妊治療による長期のホルモン療法を受けていた方なども瘀血がたまった状態であることが多く、桂枝茯苓丸が効きやすいと思われます。

 

桂枝茯苓丸が合うタイプの方は、元気で食欲もある方が多いですが、油ものや甘いもの、味の濃いものは瘀血をつくりやすいので、食事は極力薄味にするようにしましょう。

 

逆に桂枝茯苓丸が合わない人は

・生理の血が多い

・胃が弱い

・虚弱で疲れやすい

・貧血ぎみ

・お腹は柔らかく、ポチャポチャしている

といった特徴のある人です。

 

桂枝茯苓丸はどちらかというと、体力のある人向けです。体質に合わない人が使ってしまうと、下痢や吐き気が起こったり、不正出血を起こしてしまったり、といったことが考えられます。体質に合うか、飲んでも大丈夫か不安な場合は、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。

 

妊活に使う漢方薬その1~当帰芍薬散

2015-12-08

妊娠希望の人だけでなく、比較的多くの女性に合う漢方薬。それが当帰芍薬散です。

 

古来より婦人の聖薬と呼ばれる漢方薬

当帰芍薬散は婦人科以外に内科や耳鼻科や脳神経外科、メンタルクリニックなどの処方せんでも見かける、本当に女性によく使われる漢方薬です。血の道を整えて、性周期に伴う女性のホルモンバランスを整えます。

 

産婦人科領域では月経不順、卵巣機能不全、月経困難症、不妊症、習慣性流・早産、妊娠中毒症、悪阻、子宮内膜症、子宮筋腫、産後の回復不全、更年期障害などに使います。体を温めて血を増やし、水分代謝を良くすることで、子宮や卵巣に力をつける働きがあります。

 

その他内科領域では貧血や冷え性、肩こり、耳鼻科領域でめまい、耳鳴り、精神科領域で心身症やパニック障害などの方に処方されています。

 

私が勤務している薬局には漢方外来からの処方せんもよく来るのですが、妊活中や、生理の悩みのある20代〜30代の女性にはいちばんよく使われている漢方薬だと感じます。妊娠前の体質改善には別の漢方薬を使っていた方が、妊娠したらそのまま出産まで当帰芍薬散のみに切り替えるということもよくあります。

 

当帰芍薬散を処方されている患者さんの感想で目立つのが、むくみが減って楽になった、というものです。先日も、立ち仕事で夕方、足がパンパンに張って、重くて上がらずつらい、と嘆いていた方が、楽に階段を上れるようになったと喜んでおられました。

 

漢方では水毒という考え方があって、むくみや冷えなどの原因になる身体の中の余分な水のことをいうのですが、当帰芍薬散はこの水毒を出して、体内の水分量を調節する作用があります。

 

当帰芍薬散が合う人合わない人 

当帰芍薬散が合う人の特徴は、

・色白で痩せ型

・虚弱体質で疲れやすく貧血ぎみの方

・手足や腰回りが冷える

・お腹が薄くて筋肉が細く、腹筋に力がない

・お腹が白く軟らかく、ポチャっとしている

・お臍の上あたりを触ると大動脈の拍動を感じる

・みぞおちあたりで水音がする

・左下腹部を押すと痛む

などです。

 

もちろんこれ全部が当てはまる人はなかなかいません。だいたいの傾向として考えてください。昔ながらの儚い美人のイメージでしょうか。昔は線の細い美人のことを、『当芍美人』なんて呼んだそうです。

 

しかし、当芍美人とは程遠い一見頑丈そうに見える人でも、お腹を触ると白くポチャっと軟らかいこともあり、その場合は当帰芍薬散が合うようです。

 

当帰芍薬散が合わないのは、

・体に熱がこもった感じ、のぼせがある

・赤ら顔で血色がよい

・中肉中背〜がっちりタイプ

・お腹に脂肪があり、かたい

などの特徴がある人です。

 

本来当帰芍薬散が合うタイプの方でも、風邪で熱があったり、炎症性の疾患がある時は悪化させる可能性があるため服用は控えてください。

 

また、当帰芍薬散を飲んでみて、味が非常に不快に感じる場合や、のぼせ、大量の発汗、頻尿、喉のつかえ、などが起こった場合は体質に合っていないことが考えられるので、服用をやめて専門家に相談してくださいね。

 

« Older Entries Newer Entries »